🕓時の記念日🕓

6月10日、本日『時の記念日』

保育スタッフのゆみママが、幼い子ども達でも分かるようにと
試行錯誤しながら、寸劇でみせてくれましたよ〜

日本で初めに時計を作った方は・・・中大兄皇子(天智天皇)さまのご登場です〜

むかしむかし…飛鳥時代に水を使って作った時計、漏刻(ろうこく)が時間を刻み。
人々に時間を知らせる為に鐘や太鼓で知らせたのが始まりです・・・と
手に笏(しゃく)を持っているのかと思えば電話の子機を持っていた、
中大兄皇子役のろみママが話してくれました。笑笑)


子ども達は皆、興味津々の眼差しでしっかりと話を聞いていました。

「ぽっぽ〜、ぽっぽ〜、ぽっぽ〜!」時計がなりましたよ。
何が出てくるかなあ〜?

中大兄皇子さまが〜!!!!!!!!

子ども達はびっくり!
保育スタッフは大笑い!(^0^
たのしい〜たのしい〜時の記念日のお話でした。

その後、ピアニストのまきママの演奏で「とけいのうた」を合唱しました〜♪